不動産における中古物件の定義とは

新築にするか中古にするか、住宅を購入する時はどちらを買うか、思案するのも一般的です。
新築と中古の違いは簡単に区別できそうですが、中古の定義にも幾つかの種類があるため、予め把握しておくのが得策です。
例えば、既に誰かが住んでいた場合は当然中古物件になりますが、未入居でも建築後1年以上過ぎている物件は、中古となるのが通例です。
また、未入居で築1年に満たない物件なら、本来は新築と表示できるのですが、所有権が一旦使用者側へ移転された場合、これも新築と呼べずに中古と表記されます。
このように実際には誰も住んでいない住宅でも中古として販売されるケースがありますので、新築を主体に探している時でも、チェックしてみる価値があります。
一方、中古住宅は既に家屋が完成しているため、引き渡し条件では即時可能となっている場合が殆どです。
ただし、この即時とは売買契約を締結した直後ではなく、購入代金のお金を支払った後というのが基本です。