目標だった不動産経営が実現する

定年を迎えるまでの1つの目標にアパート経営を始めるというのがありました。
絶対にアパートというわけではありませんが、一戸建ては購入価格や入居率、マンションは購入価格の面で厳しさを感じていました。
その点、アパートはマンションよりも価格は低いですし、一戸建てよりも戸数が多いので家賃収入に期待できる点が以前から気に入っていました。
定年を迎えてからじっくりと経営を始める形でも問題はないですが、それなら会社員時代から始めた方が勉強できる期間は長くなるので、儲けられると考えました。
ただ、地道に貯めていたお金を使ったり、金融機関から借入したりなど金銭的な負担は大きかったです。
そのため、本当に正しい選択だったのか何度も後悔しました。
ですが、すでにアパートを購入してしまった以上、チャレンジするしかないのでオーナーとして経営をスタートさせました。
会社員の仕事をしながらの不動産経営は大変ですが、毎月家賃収入が発生しているので嬉しいです。